広島原爆犠牲者の慰霊鎮魂及び平和祈念花火

第二次世界大戦末期の1945年8月6日午前8時15分。広島市に人類史上初めての原子爆弾が投下され、おおよそ14万人(原爆投下から放射線による急性障害が一応おさまった昭和20年(1945年)12月末)が亡くなられました。

一瞬にして多くの命を無差別に奪い、
生き残った人々の人生をも変えた一発の原子爆弾。
核兵器の恐ろしさや非人道性を改めて認識し、
平和とは何か、
多くの人が向き合うキッカケとなる出来事ではないかと考えております。

犠牲者の御霊の安らかならんことを祈り、
核兵器のない世界がくることを願い
山梨から広島に向けて祈り火-菊花-を献灯いたします。

開催概要

  • 日時:

    毎年8月6日 19時45分~ 3分程度

  • 場所:

    山梨県市川三郷町釜無川河川敷内

  • 目的:

    広島に投下された原爆による犠牲者の慰霊・鎮魂
    核兵器のない平和な世界を祈念して

  • 花火:

    4号 祈り火-菊花- 5発

このプロジェクトに支援する

このプロジェクトに関連するお知らせ