祈り火

花火の原点に「祈り」があります。
時には御霊を癒し、時には大自然への働きやご先祖様に感謝を示し、
時には五穀豊穣を願い・天下泰平を祈る。
和火師 佐々木厳が打ち上げる「祈り火」の活動をご紹介します。

  • 全国戦没者慰霊鎮魂花火

    戦没者の冥福を祈り、追悼の誠を捧げ、二度と同じ過ちを繰り返さないよう恒久平和の実現に向け決意を込めて。毎年開催される御霊祭りにあわせ山梨から全国へ向けて祈り火-菊花-を献灯させていただきます。

    このプロジェクトを詳しく見る

  • 長崎原爆犠牲者の慰霊鎮魂及び平和祈念花火

    第二次世界大戦末期の1945年8月9日午前11時2分。長崎市に人類史上2回目の原子爆弾が投下され、73,884人(1945年12月までの推定)が亡くなられました。広島に続き2度目の原爆投下。一瞬にして長崎の街は壊滅的な被害を…

    このプロジェクトを詳しく見る

  • 広島原爆犠牲者の慰霊鎮魂及び平和祈念花火

    第二次世界大戦末期の1945年8月6日午前8時15分。広島市に人類史上初めての原子爆弾が投下され、おおよそ14万人(原爆投下から放射線による急性障害が一応おさまった昭和20年(1945年)12月末)が亡くなられました。一瞬にして多くの…

    このプロジェクトを詳しく見る

  • 知覧特攻慰霊鎮魂の花火

    第二次世界大戦末期の沖縄戦において爆装した飛行機もろとも必死の覚悟で敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員。この作戦により1036名の尊い命が失われました。祖国や家族を想い、国の平和と繁栄を願い、気高く散華していった若者…

    このプロジェクトを詳しく見る